禁煙が当たり前になりつつある日本の公共の場所

アメリカに比べて、日本はまだ公共の場所での禁煙が整っていないようです。

コーヒーショップなどで、分煙をしているところもありますが、ドアが開いたり閉まったりするときに、どうしてもタバコの煙と臭いが漏れてしまって、嫌な思いをすることがあります。

ニューヨークではいたるところで禁煙が当たり前になっていて、タバコの煙に非常に敏感になっています。日本ではタバコを吸う人がまだまだたくさんいて、道を歩きながらタバコを吸っている人もたまにいて、嫌でもタバコの煙を吸うことになるのです。

環境は人が作り出すものです。ニューヨークではクラブやバーなどではタバコを吸ってもいいことになっていますが、それ以外の場所は全部禁煙です。日本では未だに禁煙席がないレストランや居酒屋があって、タバコに関してはまだまだ後進国だと言えます。

車の窓から吸いかけのタバコをポイ捨てするドライバーもいたりして、本当に環境のためには悪いことをしているな、と思います。

PR|ISOセミナーならテクノファへ